About Tank-top

 日本人はあまり着慣れていない、タンクトップ。

 だからこそ、タンクトップには前後に柄を刷り、下地染めである豆汁染めも2度行い深みを出すなど、気持ちを注ぎました。

 日本にいると、タンクトップ1枚で外を歩いている人を見かけることはほとんどありません。しかし、海外では真夏にタンクトップ1枚でいても恥ずかしくありません。何も着たくないほど暑い日に、一番涼しいタンクトップ1枚になることは当然のことです。ただ、日本人はそれに慣れていないだけなのです。

 あなたに海外へ行く機会があれば、私共の作ったタンクトップ1枚を着て、街中を歩いてみて下さい。絶対に良い出会いがあるはずです。

 いつか日本もそんな国になったらいいなと思います。

 インナーとしてお使いいただくと、ペイズリー柄がちらりとTシャツの裾から覗きます。昔から、ジーパンのポケットに色いろな柄のバンダナを入れておしゃれを楽しむ文化があるように、このタンクトップを使っていただいても幸いです。

 

 着る人によっていろんな表現ができるこのタンクトップ。ぜひ一度身に着けてみて下さい。