About wax

 蠟引き紐を強く編み上げると、紐に付着していた蝋が表面に滲むようにして吹き出します。それをならしていくと、蝋が編み目に入り込んでいきます。その蝋を熱を加え溶かし、抜き取ることによって紐の本来の色と編み目がより鮮明にわかるようになります。この作業を『蝋抜き』と呼んでいます。

 右の写真は、蝋抜き前と蝋抜き後の紐を比較したものです。蝋抜き前の紐は、編み目に蝋が詰まって、蝋と編み目のコントラストが現れています。対して蝋抜き後の紐は、表面および編み目に付着していた蝋がある程度なくなることによって、綺麗でより艶のある見た目になります。

 私達は、どちらの状態も魅力的であると考えている為、アイテムやご要望によって『蝋抜き』作業の有無を変えています。2015 s/sのラインナップで例えると、Blackは『蝋抜き』無し、Brownは『蝋抜き』有り、としています。

 ご要望によっては『蝋抜き』作業の有無を変更することも可能です。また、蝋は長期の着用によって少しずつ抜けても行きますので、そういった変化、カスタマイズもぜひお楽しみください。